/home/sites/heteml/users/k/a/n/kankonogyopark/web/kankonogyo-park.jp/wp-content/themes/kankou_nougyou/single.php

田植えから二ヶ月が経ちました。

出穂(しゅっすい)・開花し、背丈が1メートルになりました。

 

平成28年9月3日(土)雨   

田植えから二ヶ月経った、8月末の田んぼの様子をお知らせします。

 

稲の高さは1メートルくらいになりました。

6月に3本ほど束にして植えた苗は、30~40本くらい穂の実った稲へと生長しました。

0826スマホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茎の中から、やがてお米になる幼い穂が押し上げるように出てくることを出穂(しゅっすい)といいます。

出穂1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穂が出ると、すぐに白っぽいおしべが出るのが稲の開花です。花びらはありません。

IMG_2023 - コピー 開花2

 

 

開花の瞬間におしべの先が破れて、花粉が飛び散り自家受粉(※)を行い、

約45日で成熟し収穫期を迎えます。

 

来月10月16日(日)は、いよいよ稲刈りの予定です!

 

台風の影響が少ないことを祈るばかりです。

 

 

※自家受粉・・・花粉が同じ株(または同じ花)のめしべについて受粉すること。

文、写真:みほちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ